目の手術

二重手術

埋没法

方法
皮膚を大きく切開せずに、まぶたに糸を通すことによって二重を作る方法です。 まぶたの中に残した糸によって、皮膚と瞼板(もしくは眼瞼挙筋)との間に結びつきを作り、二重を維持します。

埋没法

特徴
・手術後の腫れや内出血が少なく、早く完成する。
・万一結果が思わしくない場合もやり直しが容易にできる。
・切開法に比べて二重が取れやすい。
・適応が限られる。

適応
・まぶたが厚くなく、二重のクセが簡単につきやすい人。
・タルミがない、もしくは軽度のタルミのある人。
・眼瞼下垂がない、もしくはあってもごく軽い人。

当院の方法の特徴
埋没法の二重がゆるむ場合、糸が瞼板側でゆるむことは少なく、多くは皮膚側でゆるみます。当院の埋没法の標準術式は、片側2本の糸を用いて二重の固定を行います。そして、皮膚を点ではなくできるだけ線で固定することによって二重がゆるむことをできるだけ防止しています。1本の糸を使って2点を固定する方法に比べて、皮膚側の固定が強固になり二重が取れにくくなります。瞼板に固定する部位は瞼板上縁とし、瞼板へのダメージを最小限にして霰粒腫の予防に配慮します。
手術前のデザインに時間をかけ、また手術中は腫れ・内出血を少なくするように最大限の注意を払います。流れ作業的な手術はいたしません。

埋没法手術の保証
1年以内に二重が消失した場合は、片側それぞれ1回まで無料で再手術します。
1年以降2年以内に二重が消失した場合は、半額で再手術します。

埋没法の手術例1
埋没法の手術例1-1

【術前】

蒙古ヒダが発達し、
皮膚のたるみも多い術前

矢印
埋没法の手術例1-2

【手術直後】

 

矢印
埋没法の手術例1-3

【術後1ヵ月】

蒙古ヒダに合わせて
自然な末広形に

埋没法の手術例2
埋没法の手術例2-1

【術前】

 

矢印
埋没法の手術例2-2

【術後5年】

やや浅くなるものの幅広い二重を保っています

 

埋没法+脱脂

方法
埋没法手術と同時に眼窩脂肪と呼ばれる上まぶたの脂肪を除去します。
2~3㎜の小さな切開から、主に外側の眼窩脂肪を取り除きます。傷は将来的にほとんど残りません。

埋没法+脱脂

特徴
・埋没法と同様に、切開法に比べて腫れや内出血が早くおさまる。
・眼窩脂肪が原因の腫れぼったさ(特に寝起きの腫れ)が改善する。
・あくまで二重は埋没法で作成するので、二重がゆるむことがある。

適応
埋没法の適応があると判断された人の中で、腫れぼったさも同時に改善したい人にむいています。
ただし、腫れぼったいまぶたの原因は、眼窩脂肪だけではありません。

埋没法+脱脂の手術例
埋没法+脱脂の手術例1-1

【術前】

眼窩脂肪が多い厚いまぶた

矢印
埋没法+脱脂の手術例1-2

【術後1ヵ月】

1ヵ月後、脂肪を除去して
二重もはっきりしています

 

全切開法

全切開法

方法
全切開法とは、二重となるラインのほぼ全長(3㎝程度)を切る方法で、最も確実に二重ができる方法です。ブジーテストで二重ができにくい人は、全切開法が適応です。
皮膚のタルミがある人は、同時にタルミを切除することができます。
また、眼窩脂肪が多い人からは、容易に脂肪を除去することができます。
眼瞼下垂がある人は、同時に修正することができます。あらゆるまぶたの人に対応できるので、全切開法は二重手術の基礎となる方法ということができます。
手術後5日後に抜糸を行います。

特徴
・取れにくい二重を作成できる。また、くっきりとした二重になる。
・二重を望む全ての人に対して、対応することができる。
・手術後の腫れが落ち着くまでの時間が長くかかる。
・手術後に元の一重に戻すことはできない。また、二重の幅が広すぎる場合、狭く修正することが難しくなる。
・切開した傷が残こるが、二重のライン上に傷ができるため、将来的には目立たない。

適応
・二重を希望する全ての人。
・埋没法では二重を保てないまぶたの厚い人。
・眼瞼下垂のある人。ただし、眼瞼下垂がある場合は、全切開法と同時に眼瞼挙筋の前転手術が必要。

全切開法の手術例1
全切開法の手術例1-1

【術前】

厚いまぶた
幅広い二重を希望

矢印
全切開法の手術例1-2

【術後1ヶ月】

まだむくみが残り幅がやや広めです

矢印
全切開法の手術例1-3

【術後4ヶ月】

むくみがとれてくっきりとした二重になっています

全切開法の手術例2
全切開法の手術例2-1

【術前】

皮膚の被さりが多いまぶた
控えめな二重希望

矢印
全切開法の手術例2-2

【術前】

外側の皮膚を切除し、
二重の幅は狭くデザイン

矢印
全切開法の手術例2-3

【術後1ヶ月】

まだむくみが少し残っていますが希望通り二重になっています

 

小切開法

小切開法

方法
1㎝程度の短い切開で、二重を作成します。
皮膚の切除ができず、癒着の範囲が限定されるので、埋没法に近い変化にとどまります。

特徴
・埋没に比べて二重がとれにくく、全切開法に比べて腫れが引くのが早い。
・切開した部分だけが少し凹むので、目を閉じた時に全切開法よりもかえって傷がわかりやすいことがある。

適応
・埋没法の適応ではあるけれども、より取れにくい二重を作りたい人。
・埋没法のように結膜側に糸を通したくないという人。
*まぶたが厚くて二重のラインができにくい人は全切開法が適応。

小切開法の手術例
小切開法の手術例

【術前】

埋没法を嫌い、
小切開法を希望

矢印
小切開法の手術例

【術後5日】

抜糸時のまぶた

矢印
小切開法の手術例

【術後5日】

まだすこし腫れが
あります

矢印
小切開法の手術例

【術後1ヶ月】

全切開法と違い、
腫れがほとんど
とれています

 

目頭切開

多くの日本人の目には、まぶたの内側の部分に蒙古ヒダと呼ばれる皮膚のヒダが存在します。この蒙古ヒダを取り去る手術のことを目頭切開(内眼角形成術)といいます。

手術の目的
目頭切開を行う目的は主に3つあります。
目と目が離れているのを改善する。(内眼角距離を短縮する)。
平行型の二重にする、もしくは内側の二重の幅を少し広くする。
目の横幅を少し広げて目を大きくする。

方法
目頭切開の方法は、大きく分けて内田法に代表されるW形成術と、Z形成術の2つに分類されます。
W形成術は変化の調節を行いやすく、適応の範囲が広いのが特徴です。W形成術では皮膚を切除しますので、後で元の状態に戻すことはできません。
Z形成術では皮膚を切除しませんが、大きな変化を望む人には向きません。Zの入れ方が悪いと、傷が目立つことがあります。
当院では、W形成術を主に行っています。

内田法による目頭切開 内田法による目頭切開
目頭切開の手術例
目頭切開の手術例1-1

【術前】

術前 内眼角距離が広い

矢印

 

 

目頭切開の手術例1-2

【内田法術後4ヶ月】

ほとんど傷はわかりません

 

くぼみ目の改善

上まぶたの脂肪は加齢とともに減少します。生まれつき上まぶたの脂肪が少ない人は、くぼみ目がより早くから起こります。くぼみ目が進行すると、老けて見られるだけでなく、元来きれいな二重だった人でも二重が消失してしまいます。くぼみ目がある人に対して二重手術だけをしても、きれいな二重は作れません。
くぼみ目がより高度になると、くぼんだ部分があたかも二重のようなり、いわゆる欧米人の二重のように見えることもあります。
くぼみ目は、眉毛を挙上することによって、強調されます。

くぼみ目の原因
主な原因は3つです。
1.上まぶたの脂肪が少ない。
2.腱膜性眼瞼下垂がある。
3.眉毛を強く挙上する癖がある。

治療法
腱膜性眼瞼下垂が明らかな場合は、眼瞼下垂の治療を優先します。
眼瞼下垂がないか、下垂があっても軽度でまだ手術しなくてもよい場合は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入を行います。
明らかな眼瞼下垂もなく、眉毛を挙上する癖によってくぼみ目を呈している場合は、ボトックス注射が有効です。

くぼみ目の治療例1
くぼみ目の治療例1-1

【術前】

眼瞼下垂に伴う高度のくぼみ目

矢印
くぼみ目の治療例1-2

【眼瞼下垂手術後1ヶ月】

眼瞼下垂手術後1ヶ月
脂肪移植をしなくても、眼瞼下垂手術だけでくぼみ目は解消しました

くぼみ目の治療例2
くぼみ目の治療例2-1

【術前】

軽度の眼瞼下垂はあるが、
脂肪注入を希望

矢印
くぼみ目の治療例2-2

【脂肪注入直後】

二重のラインも改善

 

眉毛下タルミ切除術(上眼瞼リフト)

眉毛下タルミ切除術

方法
まぶたの皮膚のタルミを、眉毛下に沿って切除する方法です。
当院院長は2000年以降、上まぶたのタルミ取り手術の多くをこの方法で行っています。
最近は、全国的にも上まぶたのタルミはできるだけ眉毛下で切除するという施設が増えています。

特徴
・手術後の二重の形態が自然で、昔の二重がよみがえったような変化を得られる。
・手術後の腫れの引き方が早く、完成までの時間が短い。
・二重の部分には手をつけないので、従来のタルミ取りと違って手術後の二重が厚ぼったく感じられることがない。
・二重を希望しない人でも、一重のままタルミを取ることができる。
・くぼみ目が同時に改善することがある。
・将来的に、傷跡はほとんど目立たない。
・露出部分に傷ができ、一定期間傷の赤みが残る。ただし、メイクで眉を描くことによって傷を隠すことができる。
・術後、やや直線的な眉になる。
・術後、上まぶたのシワが目立つことがある。

適応
・本来の二重が残っていて、まぶたの自然な若返りを望む人。
・一重のままタルミを改善したい人。
・眉毛と黒目の距離が近くない人。
・タルミ取りと同時に二重作成を望む場合は、眉毛下切除と埋没法の併用が可能。

眉毛下タルミ切除の手術例1
眉毛下タルミ切除の手術例1-1

【術前】

 

矢印
眉毛下タルミ切除の手術例1-2

【術後1ヶ月】

たるみが解消してまぶたも自然
傷の赤みがまだ残るものの目立ちません

眉毛下タルミ切除の手術例2
眉毛下タルミ切除の手術例2-1

【術前】

眉毛下たるみ切除

矢印
眉毛下タルミ切除の手術例2-2

【術後1ヶ月】

腫れはなくまぶたは自然です
昔の奥二重がよみがえっています

 

眉毛上タルミ切除

方法
眉毛の上縁にそって皮膚を切除して眉毛を挙上し、上まぶたのタルミを取る方法です。
皮膚を切除せずに、眉毛を皮下に固定することもあります。

特徴
・眉毛下切除と同様、手術後の回復が早い。
・ブローリフトに比べて、手術が簡単である。
・眉毛の内側を挙上することが難しく、ややつり上がり気味の眉毛形態になる。

適応
・手術前の眉毛の位置が低く、眉毛と黒目の距離が非常に近い人。
・顔面神経麻痺があり、眉毛が挙上できない人。
・手術前の眉毛の形がハの字型で眉毛の外側が下がっている人。
・内側を含めて眉毛全体を挙上する必要がある人は前額リフトが適応。

眉毛上タルミ切除
眉毛上タルミ切除、眉毛固定術手術例1-1

【眼瞼下垂術後】

眼瞼下垂が改善したために眉毛が下がり、タルミが強調されました

矢印
眉毛上タルミ切除、眉毛固定術手術例1-2

【眉毛上タルミ切除 術後4ヶ月】

 

眉毛上タルミ切除+埋没法
眉毛上タルミ切除+埋没法1-1

【術前】

眉毛外側の下垂が気になります

矢印
眉毛上タルミ切除+埋没法1-2

【術後】

奥二重にすることによってスッキリしたまぶたになっています

 

上眼瞼タルミ切除

上眼瞼タルミ切除

いわゆる従来からの上まぶたのタルミ取り手術です。

方法
二重のラインよりも上方の皮膚を切除し縫合します。
傷は二重のラインに一致してできます。
皮膚の切除量が多くなる場合は、二重のラインの外側まで皮膚を切除します。

特徴
・手術の傷がそのまま二重のラインになるため傷は目立たない。
・二重を望む場合は、二重の作成を同時に行うことができる。
・眼瞼下垂の修正を同時に行うことができる。
・皮膚の厚い人では、厚ぼったい不自然な二重になる。
・手術後の腫れが落ち着くまでの時間が、眉毛下切除法に比べて長くかかる。

適応
・まぶたの皮膚が薄い人。
・皮膚の切除量が少なく、二重作成を同時に望む人。

上眼瞼タルミ切除の手術例
上眼瞼タルミ切除の手術例1-1

【術前】

たるみ切除と同時に二重を希望

矢印
上眼瞼タルミ切除の手術例1-2

【術後6ヶ月】

控えめな二重のため
まぶたの厚ぼったさがありません

 

眼瞼下垂手術

当院は、眼瞼下垂手術、特に腱膜性眼瞼下垂の治療に力を入れています。
眼瞼下垂とは、まぶたを開ける力が弱く、まぶたを正常に開けることができない状態をいいます。
眼瞼挙筋自体には異常がなく、眼瞼挙筋腱膜という部分に問題があって引き起こされる眼瞼下垂を、特に「腱膜性眼瞼下垂」と呼んでいます。
加齢による眼瞼下垂、いわゆる老人性眼瞼下垂の多くは腱膜性眼瞼下垂です。さらに、コンタクトレンズが原因の眼瞼下垂も腱膜性眼瞼下垂です。コンタクトレンズを20年以上の長期にわたって装用していると、程度の差はあっても腱膜性眼瞼下垂を生じやすくなります。また、最近急速に増えた白内障手術などの内眼手術も腱膜性眼瞼下垂の原因になります。

腱膜性眼瞼下垂の病態

腱膜性眼瞼下垂の症状
・まぶたが重く、黒目の上半分が隠れている。
・眠たそうな目をしている。
・眉毛を挙げ、額にシワを寄せて物を見ている。
・上まぶたがくぼんで老けて見える。
・はっきりした二重ではなく、二重の部分に薄い線が2~3本ある。
・異常に幅広い二重。
・三白眼(黒目の下の白目が見える)である。
・原因不明の頭痛や肩こりに長年悩まされている。

腱膜性眼瞼下垂の治療
腱膜性眼瞼下垂に対しては、挙筋腱膜前転手術を行います。
皮膚を切開し、奥に後退した挙筋腱膜を引き出し前転して瞼板に縫い付けるという方法です。
腱膜の前転量のほか、皮膚切開の位置、皮膚の切除量などいろいろな要素が手術後の二重やまぶたの形態に大きく影響を与えます。
単にまぶたが開くようにさえなればいいわけではなく、美容面にも十分配慮した手術が行われる必要があります。

眼瞼下垂手術
眼瞼下垂手術例1-1

【術前】

重症の眼瞼下垂

矢印
眼瞼下垂手術例1-2

【術後6ヶ月】

 

眼瞼下垂手術
眼瞼下垂手術例2-1

【術前】

重症の眼瞼下垂

矢印
眼瞼下垂手術例2-2

【術後1年】

 

眼瞼下垂手術
眼瞼下垂手術例3-1

【術前】

重症の眼瞼下垂
くぼみ目も目立ちます

矢印
眼瞼下垂手術例3-2

【術後1ヶ月】

くぼみ目も劇的に改善

 

下眼瞼ヒアルロン酸注入

下まぶたの凹み(クマ)の部分にヒアルロン酸を注入して、目袋とクマの段差を目立たなくする方法です。

特徴
・腫れが少なく、最も簡単に目袋・クマを改善できる。
・翌日から化粧が可能。
・定期的な治療が必要。
・注入量が多い場合は、費用が高くつく。
・必ずしも完全に段差がなくなるわけではない。
・軽い内出血が起こる可能性がある。

適応
・目袋・クマの程度が軽い人。
・仕事を休めない人。
・元来、頬前面のボリュームが少ない人。

下眼瞼の凹み(くま)
ヒアルロン酸注入治療例1-1

【治療前】

下まぶた下部の凹み(くま)

矢印
ヒアルロン酸注入治療例1-1

【治療後】

ヒアルロン酸注入2週間後

 

結膜側脱脂

まぶたの裏側(結膜側)を切開して、眼窩脂肪を除去する方法です。
目袋が小さくなるとともに、クマの凹みが浅くなります。

上眼瞼タルミ切除

特徴
・ヒアルロン酸より治療効果が高いことが多く、効果も長続きする。
・皮膚側に傷を残さない。
・翌日から化粧をすることができる。
・術後の腫れの引き方が早い。
・術後、皮膚のシワ・タルミがかえって目立つようになることがある。

適応
・皮膚のタルミよりも、目袋だけが気になる人。
・ヒアルロン酸注入より長い効果を期待する人。

結膜側脱脂
結膜側脱脂手術例1-1

【術前】

軽度の目袋

矢印
結膜側脱脂手術例1-2

【術後2週】

 

 
結膜側脱脂手術例1-3

切除した眼窩脂肪

 

結膜側脱脂
結膜側脱脂手術例2-1

【術前】

(本来ならたるみ取りを
勧める症例)

矢印
結膜側脱脂手術例2-2

【術後2週】

 

 

下眼瞼皮膚切除

 下まぶたの皮膚のタルミ・横ジワの改善を目的に、まつ毛直下の皮膚を切除する手術。

特徴
・注入治療では改善できないシワ・タルミに効果がある。
・目袋まで処理する手術に比べて、腫れの引きが早い。
・結膜側脱脂と併用することが可能。
・腫れ・内出血が一時的に起きるが、眼輪筋下を剥離する方法に比べて腫れは軽い。
・シワが完全になくなるわけではない。

適応
・皮膚のタルミ・シワが特に気になる人。

 

下眼瞼タルミ切除

下まぶたのシワ、目袋、クマ(凹み)の改善を目的に行う手術です。
ある程度進行した下まぶたのタルミに対して最も根本的な若返りが期待できます。

方法
睫毛直下を切開して手術を行ないます。
手術操作は3つの大きな要素に分けることができます。
1.眼輪筋下に剥離を行い、たるんだ皮膚を切除する。
これによって、皮膚のタルミ・シワが改善できます。
2.目袋の原因である眼窩脂肪を処理する。
眼窩脂肪の処理法には、眼窩脂肪を単純に切除する方法と、眼窩脂肪をクマ(凹み)の部分に充填する方法の2通りがあります。眼窩脂肪をクマの部分に充填する方法を「ハムラ法」と呼びます。手術前のクマが深い場合は、ハムラ法の方が段差を取る効果に優れます。
3.眼輪筋の外側をつり上げて固定する。
下まぶた前面のゆるみが改善し、下まぶた本来の輪郭が戻ります。また、まぶたの外反を予防し、安全に皮膚切除ができます。
眼輪筋のつり上げを省略するクリニックが多いようですが、より良い手術結果を得るためには重要な手術操作です。

ハムラ法による下眼瞼タルミ切除1

特徴
・下まぶたの若返り効果が最も高い方法である。
・シワと目袋の両方を同時に治療できる。
・手術後の腫れ・内出血が起こる。
・結膜浮腫が起こることがある。結膜浮腫は、眼窩脂肪に対する手術侵襲が大きいほど起こる可能性が高くなる。
・下まぶたの外反(あかんべー)を起す可能性がある。そのため、皮膚の取りすぎには注意をする必要がある。

適応
・シワと目袋の両方を改善したい人。
・下まぶたの外反を起しにくい人。
※ 手術前よりすでに外反気味の方は手術を行わないことがあります。
※ 外反の可能性が高い人(特に高齢の人)は、外眼角形成術を併用します。

下眼瞼タルミ切除
下眼瞼タルミ切除手術例1-1

【術前】

 

矢印
下眼瞼タルミ切除手術例1-2

【ハムラ法術後4ヶ月】

傷はわかりません

下眼瞼タルミ切除
下眼瞼タルミ切除手術例2-1

【術前】

 

矢印
下眼瞼タルミ切除手術例2-2

【ハムラ法術後6ヶ月】

傷はわかりません