輪郭形成

ヒアルロン酸注入による輪郭形成と若返り

アゴや頬、鼻などのボリュームアップに。切らずに顔の輪郭を整えます。

ヒアルロン酸による輪郭形成とは

ヒアルロン酸注入は主にホウレイ線などのシワの治療に利用されていますが、ボリュームを増やす効果によって顔の輪郭修正においても良い効果が得られます。
具体的には
 アゴのボリュームアップ
 鼻を高くする
 口唇を厚くする
 頬のボリュームアップ
 コメカミの凹みの修正
 額を高くする
などの治療に利用されています。

特に、アゴのボリュームアップ、頬のボリュームアップ、コメカミの凹みの修正、などは簡便な治療法でありながら輪郭が整うだけでなく、同時に若返り効果も期待できるという非常に有用な治療法となっています。

ヒアルロン酸による輪郭形成(ヒアルロン酸注入部位)

ヒアルロン酸による輪郭形成(ヒアルロン酸注入部位)

頬、特に頬前面のボリューム不足は目袋が強調されるだけでなく疲れてやつれた印象を与えます。
ヒアルロン酸でこのボリューム不足を補うと、元気で若々しい印象を与える効果を生みます。

加齢によってアゴの骨は吸収されるうえに頬が落ちてくるので、年をとるともにお顔は四角い形態を呈してきます。
またアゴが小さくなるとアゴ下のタルミが目立つようになります。
このようなお顔に対してアゴにヒアルロン酸を注入すると逆三角形のお顔となり引き締まって若々しく見えます。
さらにボリュームが増えたにもかかわらずむしろ小顔に見え、アゴ下のタルミも改善します。
エラの筋肉が発達している人は、エラへのボトックス注射の併用が効果的です。

コメカミの凹みの改善は、凹みがなくなったことによる直接的な若返り効果だけでなく、頬のリフトアップ効果も期待できるという相乗的な若返りにつながります。

一般的に輪郭修正時のヒアルロン酸注入は、シワに対するヒアルロン酸注入に比べて深層(主に骨膜上)に注入を行います。
さらに使用するヒアルロン酸も硬めのヒアルロン酸を使用できるため、治療効果はシワの治療に比べて長続きする傾向にあります。

従来のヒアルロン酸はアゴや鼻の修正に使う場合、周囲に広がりやすくシャープな形を維持するのが難しいという欠点がありました。
しかし、最近では「クレヴィエル・コントア」などのような架橋剤を含まない高濃度ヒアルロン酸が開発されて、シャープな形態維持が期待できるようになりました。

深層にヒアルロン酸を注入する場合は、内出血や神経・血管損傷防止のため、普通の針ではなくマイクロカニューレと呼ばれる先端が丸い注入器具を使用します。
当院の治療費は全てカニューレ代込みの費用となっています。

なお当院ではヒアルロン酸による涙袋形成は行っておりません。

リスク

発赤腫れ、内出血、凸凹、色素沈着、左右差、アレルギー、血管閉塞の症状

治療費用(税別)

自費診療
モニター制度有)

ヒアルロン酸注入( 1.0cc 1本 60,000円
クレヴィエル・コントア( 1.0cc 1本 70,000円
ボリューマXC( 1.0cc 1本 80,000円