ピコレーザー(ピコウェイ)

小さいダメージで全顔のシミを治療する新しいレーザー

顔の全体的なシミを改善する新しいレーザー治療。他の光治療で効果が頭打ちになった方にもお勧め。

ピコレーザー(ピコウェイ)について

PicoWay(ピコウェイ)

シミ・肝斑の改善 肌質改善(毛穴・小ジワ) 刺青・タトゥ除去

ピコレーザーは、美容皮膚科領域のレーザーの中で現在最も注目されている次世代レーザーです。
当院は、シネロン・キャンデラ社製のピコ秒レーザーである「ピコウェイ」を茨城県内で初導入いたしました。

PicoWay(ピコウェイ)

PicoWay(ピコウェイ)

PicoWay(ピコウェイ)

PicoWay(ピコウェイ)

従来、シミや刺青・タトゥの治療にはQスイッチレーザーが使用されてきましたが、Qスイッチレーザーのレーザーの照射時間(パルス幅)は、ナノ秒(十億分の一秒)単位でした。
ピコレーザーとは、それを一兆分の一秒単位(ピコ秒)まで縮小した新しいレーザーです。
レーザー発振をピコ秒まで短くすることによって、Qスイッチレーザーよりもさらに切れ味鋭くメラニンや刺青・タトゥの色素だけを選択的に破壊することが可能となり、正常皮膚に対するダメージを小さくすることができます。
また、ナノ秒レーザーの作用は主に熱作用であったのに対し、ピコレーザーでは熱作用以外に非熱的作用(光音響効果)によっても標的を破壊します。
光音響効果はパルス幅が短いほどより大きくなることが知られています。

ピコウェイは、ピコ秒発振のレーザーの中でも最も短いパルス幅を誇る注目のレーザーです。
最も短いパルス幅を持つピコウェイは、現在のところピコレーザーの中で最も光音響効果が大きいレーザーということができます。
さらにピコウェイは、532nm、730nm、1064nmという3つの波長の照射が可能なうえに、532nm、1064nmではフラクショナル用のハンドピースも用意されていて多彩な照射が可能です。
(ピコウェイの販売当初は第3の波長として785nmが採用されていましたが、ルビーレーザーの波長により近い730nmが開発されたことにより、当院は最新の730nmを導入しました)

3波長の照射が可能なことから、刺青・タトゥ除去においては単波長の他のピコレーザーに比べて治療できる色の種類の幅が広がります。
また、シミ・肌の若返り治療においては3波長ならびにフラクショナルビームの組み合わせにより、ダメージの少ない全顔照射が可能です。
シミ治療において、ピコレーザーはQスイッチレーザーでは消えない薄いシミにも対応できる一方、ピコレーザーを痂皮ができるような高出力で照射した場合はQスイッチレーザーと同様にダウンタイムを生じるためにあまり差別化できません。
ピコウェイが最も本領を発揮できるのは、ダメージの少ない全顔照射を行い、従来のフォトフェイシャルなどでは除去が難しかったシミを最小限の痂皮で徐々に薄くし、フラクショナル照射によって肌の張り感や質感の改善を期待する治療 ⇒トータルピコ においてです。

ピコウェイで可能な照射方法

1 ピコスポット
532nm、730nm、1064nmの3種類の波長のレーザーをシミにピンポイントで照射する方法です。
表皮内のメラニンには532nmと730nm、真皮内のメラニンには730nmと1064nmが効果的です。
ピコレーザーを高出力で照射すれば、1回の治療でシミの除去が可能ですが、Qスイッチ同様にダウンタイムが生じます。
ピコウェイのピコスポットや全顔治療(トータルピコ)では、主に730nmを使用してできるだけ痂皮を作らないように照射します。
フォトフェイシャルで除去できないシミの改善が期待できます。
一般的に照射後半日から1日赤みが残り、1週間以降シミが改善してきます。
反応が強い場合は2週間程度赤みが残ることがありますが、痂皮ができにくいためテープの必要がなく治療直後からお化粧が可能です。

2 ピコトーニング
現在肝斑の治療に行われているレーザートーニングと同様に、1064nmの波長を低出力で照射して、肝斑や炎症後色素沈着、顔全体のクスミ感を改善します。
ピコレーザーを使用することにより、従来のQスイッチレーザーに比べて肌への負担を軽減することができるうえに1回の治療効果が高くなり、治療間隔もQスイッチレーザーより長く(約1ヶ月)あけることができます。

3 ピコフラクショナル
レーザー光をフラクショナルビームとして全顔に照射します。
トータルピコでは主に532nmのフラクショナルを使用して、クスミ除去や毛穴の開き・ニキビ跡の改善など、肌の質感改善を目的に照射します。
特に張り感は、I2PLやフォトフェイシャル以上の効果が期待できます。
半日程度赤みや膨疹が残ることがあります。
稀に発疹を生じることがあります。

トータルピコ

トータルピコとは、ピコウェイの3種類のハンドピースと3種類の波長を組み合わせて全顔の照射を行う治療です。(「トータルピコ」は当院オリジナルの名称です)
ピコフラクショナルをベースとし、ピコスポット、ピコトーニングを患者様の肌の状態や目的に応じて上手くブレンドします。
照射後半日~1日赤みが残りますが、治療直後からお化粧が可能です。
フォトフェイシャルやI2PL治療では変化が頭打ちになった方、毛穴の開きや小ジワが気になる方、肝斑を合併する方が肝斑以外のシミを含めて総合的にシミ治療をしていきたい場合などにおすすめできる治療法です。
治療後の張り感は、I2PLやフォトフェイシャル以上に感じます。
今後、シミや肌の若返りの主たる治療となり得る新しい治療法です。

リスク

発赤、紅斑、水疱、色素沈着、膨疹、痒み、発疹、色素脱失

治療費用(税別)

自費診療

トータルピコ 全顔 1回 40,000円
11回目以降 1回 30,000円
(I2PL全顔を10回以上行った方も 1回 30,000円)
ピコトーニング 全顔 1回 25,000円
両頬 1回 15,000円
ピコフラクショナル 全顔 1回 30,000円
両頬 1回 20,000円
ピコスポット 1㎝大 10,000円
半顔 50,000円
全顔 100,000円